MENU

はじめの記事でお伝えしたかったこと(第2話)












 


先日の第1話のブログは
いかがでしたでしょうか?

 


前回の第1話は、
いきなり私の初めてウェブ物語、
ヤフオク参入のお話でした。

 


まあ、これは
何が言いたかったかのか?
というと・・・


実は・・・
2つあります。


(1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
私にもウェブ初めて物語があった。
ということです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━


まあ、当たり前なんですが、
出会い方でこの人は最初から、
こんな仕事しているんだろうな。

 


とか、



元々、才能があるんだろうな、

 


とか、



特別な目で私を見たりする。
そんなことがありがちですが、
私は普通のアナログなおっさんだった!
という、ことなんです。


口では言い表せられないくらい
最初は酷かったです。(笑)


そんな程度のウェブの知識からでも
繰り返し取り組むことで、
しっかりと集客してセールスして、
現在の状態まで来ました。


なので、あなたが今、
どの段階にいるのか?わかりませんが、
現在の私のように全然なれる日が来る
ということを忘れないでください。


もちろん、コンサルになれ!
ということではなくて、
集客に困らない状態に!
です。


ということがお伝えしたかった!
というのが1つ目です。



(2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
読んでもらえる文章の書き方を少し
理解していただきたいと思いました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━


インターネットで文章を書く際、
セオリーとしてよく言われること。


読者は、

1)読まない! (NOT READ)
2)信じない! (NOT BELIEVE)
3)行動しない!(NOT ACTION) 


これを英語表記すると
3つのNOTになるから
3NOTと言われます。

※ここはメモしておいてください。


では、この3NOTの壁を
どう超えるのか?


正しい日本語を使う。
こんなことは大前提なんですが・・・


ギャーギャー泣いている子供を瞬時に
黙らせるほどパワーがある書き方として
教えていただいた方法があります。


ギャーギャー泣いている子供は、
叱ってもさらに泣くだけ、さらに怒鳴ると
もう手がつけられなくなります。(笑)


実は物語を伝えるということをすると、
ほとんどの子供が黙るそうです。

 

 

「ストーリー」です。


言われてみればうちの娘たちにも
小さい時に童話の絵本とか見せてましたし、
泣いたら読んで聞かせていました。


まあ、なので最初に物語を書いたわけです。
単行本は読めなくてもマンガを読めるのは
物語と絵がある!なんてことなんですね。
文字が少ないこともありますけど。


まあ、そんなことも
基礎として知って欲しかったので
最初に使ってみました。


いかがでしたでしょうか?
私も文章はさほど上手ではないので
伝わらなかったかも知れませんが・・・


そういう意識を持って書くのと、
そうでないのでは雲泥の差ですので、
意識してくださいね。ということです。

 

 

読まれないこと前提で、どう興味をもたせて

次を読ませるのか?がとても大切ということです。


あなたもブログとか、
メルマガをやっているなら、
是非活用してみてください。
もちろん、これからやる場合も。


そう言われても、
そんな簡単にはできませんよね。(笑)
なので、今後は物語を書く上で
とても大切な、


「神話の法則」


などもお伝えしていきますので
是非、ご期待ください。

 

 

あなたの参考になれば幸いです。



 

メルマガ「ウェブマーケティングのヒント」 

ブログには書けない内容を毎週3回配信しています。 

こちらから↓↓↓↓↓

「ウェブマーケティングのヒント」



この記事の関連記事

ウェブマーケティングって、何ですか?     いや、こう言い換えましょう。 ウェブマーケティングって何をすることですか?   あなたはおわかりになりますか?では、さらに聞きますが・・・

ここまでで6つのポイントを お伝えして来ましたが、、、 ウェブマーケティングについて何となく大枠は掴めましたでしょうか? 何からはじめると良いのか?を第6話でお伝えしましたが…

これまでに、色々とお伝えしてきましたが、、、     では、ウェブマーケティングは何からはじめれば良いのか?     そんなところに行き着いたと思いますが、 あなたは何からはじめますか?


メニュー

最新記事

こんにちは(ご挨拶)

代表社員 関俊一 

星の数ほどあるインターネット上にあるサイトの中から弊社のサイトにご訪問いただきありがとうございます。

合同会社We-Love沖縄代表社員の関俊一です。

わたしは色々なビジネスを20代で起業してからから現在までやって来ました。その中でもインターネットとの出会いは衝撃的でした。これほどまでに効率よく見込み客を集めることができ、計測までできる。チラシや広告で集客していたそれまでとはまるで別世界でした。

そんな世界をたくさんの人に理解して欲しい、活用して欲しい。そんな風に考えています。まだ、インターネットを使って集客をしたことがない。使ってみたけど上手くいかなかった。そんな方からのご連絡を心よりお待ちしています。

会社情報

所在地

〒900-0014
沖縄県那覇市松尾1-10-24 ホークシティ那覇ビル5F

TEL:098ー916ー6640

営業の電話は固くお断りします!

ゆいレール県庁前駅徒歩5分
駐車場はありません


© 2020 インターネットを活用した集客のことならWe-Love沖縄へ All rights reserved.